•  

    元旦
    
    
    正月くらいは勉強の為にもストックしているワインを開けちゃおうかしら、
    
    なんて思ってですね、
    
    東中野の師匠に「今年もお疲れ様でした」の挨拶を兼ねてアドバイスを請うたわけです。
    
    
    「元旦の朝に飲みたいなと思ってるんですけど、前日の朝に抜栓しておく感じでいいですかね?」
    
    なんて軽く聞いてみたら、
    
    
    「13年のプランタ(ワイン名)ね! なら、抜栓して冷蔵庫で1ヵ月かな」
    
    て返信が・・・
    
    い、1ヵ月!!??
    
    
    想像も付かなかったし、実験してみようとも思わなかった。。。
    
    やはり経験値がハンパねぇ、、、
    
    甘かった・・・
    
    
    「もちろん抜栓してすぐでも十分美味いよ!」とも言ってくれたんだけど、
    
    結局は抜栓せず。
    
    ぐぬぬ、、、
    
    
    でも、これだからイタリアワインは、
    
    面白い!
    
    
    
    どれも5千円以内くらいで、ちょっとしたハレの日に開けるワイン。 
    
    そんな感じのワインをストックワインと少しづつ集めています。
    
    
    食べるの好きな人を招いて家でホームパーティーする時とか(ほぼ皆無)
    
    イタリア好きさんとイタリアについて語る時とか(まあ皆無)
    
    ワイン好きな人を家に呼んでワイン会する時とか(皆無)
    
    
    ?
    
    いったいいつ開けるんだ??
    
    
    
    で、ですね。
    
    最近、ホントお酒に弱くなってしまってですね。
    
    
    サロンワークした後、「あー、今日はなんか(脳)が疲れたなー」なんて時や、
    
    イエメシがイタリアンの時なんか、ちょっと調子が出ちゃってですね。
    
    少しワインを飲み過ぎちゃうわけです。
    
    と、次の日がとってもしんどいわけで、最近は特に頭痛が残る。
    
    
    さて、どうするべか?
    
    と、色々と考えて出した考察と結論が、
    
    食中酒として飲むのを極力控えようかなと。
    
    
    つまりですね、
    
    食事中に「お茶代わり」にお酒を飲まないでおこうと思って。
    
    食前と食後にワインを勉強のつもりでちょこっと飲む。
    
    という感じでやってみよかなと。
    
    
    それでも食事中が寂しい、、、
    
    とそこで考えたのが、
    
    
    食事中、炭酸水を食中酒の代わりに飲もうかと。
    
    
    イタリアで食事する時、席に着いたらドリンクオーダーの前にまず聞かれるのが
    
    「ナトゥラーレ?」(フツウの水でええのんか?)
    なんですね。
    
    
    イタリアでは炭酸水は口や胃をスッキリしてくれるから、食事に欠かせない飲み物らしく、
    
    イタリア人はほとんど「ガッサータ」(炭酸水)を選んでいる気がします。
    
    
    
    
    そしてよく見てると、食べながらワインを「お茶代わり」みたいに飲んでいる人て、
    
    まあ、いまへんの。
    
    
    という事を思い出してですね。
    
    「食中酒の代わりに炭酸水作戦」でいこうかと。
    
    
    もちのろん、イタリアかぶれの和田くん。
    
    食事中の気分をアゲる為にもやっぱりここはイタリアの微炭酸を飲むしかありまへんがね。
    
    
    日中は特茶。
    
    そして夕食時にはサンペレグリノ。
    
    
    なかなか健康的な感じじゃないですか。
    
    と書いていたら、今サンペレが箱で届きました。
    
    
    はて、いつまで続くやら。
    
    
    
    
    ~  龍角散の香りが好きです ~ 
    
    
    
    
    
  •  

    スタッフ皆でフラワーアレンジ教室に通い出してもうすぐ二年。
    
    これまでは近所の公民館を借りてのレッスンだったんですけど、
    
    今年から営業後のレッゾでレッスンを受けることになりました。
    
    
    何というか、ちょっと殺伐とした?公民館の一室でやるよりも創作意欲が沸くだろうし、
    
    色々な意味で自由度も上がるし、楽しみ。
    
    
    
    加えて、土粘土による彫刻のレッスンも始まります。
    
    
    まずは自刻像。
    
    鏡を見ながら土粘土を使って自分の首から上を制作する予定です。
    
    長年、講師を探しながら模索していたことをやっと形にすることが出来ました。
    
    
    講師は隣町、白浜町のピッツェリア「ペスカトーレ」のTさん。
    
    今も絵を書いたり彫刻を創作したりしているらしく、喜んで講師を引き受けてくださいました。
    
    打ち合わせの時から本人もとても楽しみにしてくださっていて、こちらとしても嬉しい限り。
    
    
    
    フラワーアレンジ、粘土彫刻、どちらのレッスンも月に一回のペースで行う予定で、
    
    スタート後、少し様子を見ていずれスタッフ以外の一般のかたも数名募る予定です。
    
    
    こちらについても是非気軽に問合せくださいませ!
    
    
    
    
    !?
    
    「あんたがやりたい事とか趣味みたいなことをスタッフに押し付けてやらせてるだけやん。
    
     付き合わされているスタッフは迷惑だろうよ」
    
    
    て思いました?
    
    
    えーと、、、
    
    ズバリ、当たりかな。。。
    
    
    
    確かに自分もやりたい、というのは大前提だしスタッフには強制的にやってもらっています。
    
    内心は「メンドクセー」て思っているはず?
    
    むふふっ
    
    
    でもね、自分は開業当初から、スタッフには美容技術以外の社会性や教養、
    
    そして強い感受性を身に付けて欲しいな、という想いを軸にしてきました。
    
    *ご理解いただけているかと思いますけど、
    
     サロンで色々とやっているイベントも、半分はそれが目的なんでっせ。 
    
    
    
    感受性や人間力の向上は、もちろん自分が教えられることでもないし、
    
    それらは美容の外。一般社会から学ぶ機会を創るしかないんですよね。
    
    
    
    あっと、これ以上突っ込んで書かないでおこう。
    
    大企業の社長でもないし、ネットで自分の理念を綴っても失笑されるだけだろうしね。
    
    でもどちらのレッスンも美容師のスキルにつながる事ですよ。
    
    遊びでやってるわけじゃありまへん!
    
    (多分、、、)
    
    
    
    「今年は本厄の年だからあまり大きな動きをしなさんな」
    
    て言われることもあるけど、
    
    そういう時だからこそ、もがく意味があるし、気持ちもアガルってもんです。
    
    へへへっ
    
    *強がり
    
    
    今年も、
    
    今年は、
    
    更に、自分を、
    
    超えていかなきゃ。
    
    
    
    ~  昨年、途中でギブアップした激辛台湾ラーメンにリベンジしてきました ~
    
    
    

     

     

     

1 2 3 4 5 6 77