~ 師 ~

2018年1月20日

自分には「師」と呼べるような人がいません。

 

東京時代のボスはいますけど、技術や精神論を教わったというわけでもなく、

「価値観を広げてもらった」という感じです。

でも今思うのは、当時のボスがそんな「師匠」みたいな人でなくて良かったな~と。。。

 

自分は昔からクソ真面目でしたけど、結構「我」も強かったようでして、、、

特に東京に行ってからは、協調性とかいう言葉も考え方も大嫌いになったわけであります。

(なぜだかは不明。ただスレただけという噂もアリ)

 

だからというわけではないんですけど、

業界誌いっぱい買い漁って他のスタイリストがやらない他店の技術なんかを、

サロンワークに取り入れてみたり(勝手に)、

他店の技術セミナーに行ってそれをサロンワークで積極的に使ってみたり(勝手に)、

と、、、

とにかくまあ色々と(勝手)にやっていました。

 

「別にそんなことフツウでしょ?」な内容に聞こえるかと思いますけど、

この業界、技術も考え方も「各お店の色」というのが濃くてですね、

暗黙の了解的にそれを重んじるような傾向はありましたもんで、

会社(お店)に所属しているという部分と、我を強く前面に出す、という部分とか合体しちゃうと、

それはもう結構白い目で見られることが多くなっていたというわけで・・・

 

でもですね、これを書くとまた偽善者と言われるのでしょうけど、

自分は、自分の成長よりも「お店をもっと盛り上げたい」という気持ちのほうが強かったんです。

いやホントに。

(当時のスタッフにも絶対に信じてもらえないだろけど)

 

アシスタントの頃から内緒で幹部セミナーに行って、

スタッフのモチベーションアップやコーチングについて学んでみたり(店長でもない時に)

リーダーとは、みたいな自己啓発本を読み漁ったり(店長でもない時に)

「より強いお店を創るには」みたいな他業種セミナーになんか行って、

それを自サロンのミーティングで提案して強引にやってみたり(店長でもない時に)

「サロンの成長には一度この店の古いシステムをぶっ壊さないとダメだ」と考え、

反逆的な革命を一人でボスに対して起こしてみたりと(店長でもない時に)

これは詰めが甘くて結果的にただの反逆者になっちゃって終了したけど。

 

まあとにかく自分的には「もっとお店を有名にしたい!」「もっといいお店にしたい!」と思って、

経費が掛からないように「中から」改造しようと、

結構お店の為に(も)頑張っていたつもりなんです。勝手にですけど・・・

(こういうとこが偽善なんですかね)

 

だから自分は色んなことを自分から求めて、様々なことを色んな人から学びました。

誰か一人から学んだとか、手本にしてきたとか、精神論を学んだとか、

そういういわゆる「直の師匠」みたいな人が、いません。

 

でも、

もしそういう師匠みたいな人がいたとしたら自分のようなひねくれた人間はきっとダメだったでしょうね。

師匠みたいな人についていっていたら、あの勝手な行動や言動はできなかっただろうし、

今となってはその「勝手」が今の自分を創っていたんだし。

それを経験してこなかったら、

今のように自分で考え、行動し、責任を取るような「覚悟」が備わっていなかったと思うんです。

(あくまで自分の場合はですよ)

 

尊敬する人がいない、と言えばその通りで、とても残念なことなのかもしれないけど、

言い換えればあまり「捉われて」はいないから、自分の物差しがしっかりとある。はず?

それはそれでよかったのかな、と思うのであります。

でも、

師匠みたいな人を「超えていく」経験もしてみたかったな~とも思いますけど。。。

 

 

 

~ 3年連続同じ飛行機で秋田に帰省している親子がいます。

毎年密かに楽しみにしています ~