~ 長 ~

2018年2月20日

이미지 순서대로 다운로드

何度か書いたことがあるんですけど、高校生の頃から読んでいる小説があります。

 

「読んでいる」というのも、まだ完結していなかったんですよ・・・

それがなんと、昨年末についに完結!

足掛け32年!!泣

・・・長かった・・・

 

全16巻に32年ですよ、32年。

読み始めた当時は高校生だった自分もおっさんになっちゃいましたよ。。。

 

1986年に一巻が発行されてから一年に1巻~2巻ペースで発刊されていたらしく、

自分が手に取って読み始めた頃は確か5巻くらいまで出ていたのかな?

一気に追い付いてすぐに「新刊を待つ」体勢に。

今のようにネットで情報が手に入る時代でもなかったから、

本屋の新刊コーナーを頻繁にチェックしてたなー。

あの頃はまさかここまで長い長い、長~い付き合いになろうとは想像もしてなかったわけです。

 

それが、第9巻が出て以降、どんどん発刊ペースが落ちていきましてですねー。

9巻が出てから10巻でるまで約7年待ち・・・

 

7年ですよ。

ありえへん、、、

それからも10巻~16巻までの6巻に25年くらい掛かってますから。

もう笑うしかありませんでした。

 

でもですね、実は自分、12巻から読んでないんです。

というのも、

11巻くらいを読んだ時に「ん??」て思った記憶があります。

明らかにワクワク感が減ったというか、、、

 

ファンタジーなので、自分が大人になっちゃって、、、というのもあったのかもだけど、

読んでいても何か違和感というかズレというか、冷めた感じというか、

なんか昔のように「引き込まれ感」がなくなっていたんです。

 

それからずっと読んでいなくて何年も経ち、存在すら忘れていた頃に、

たまま読者レビューを見たんです。

それで確信しました。

 

そこにも、

「9巻以降は本当に同じ作者が書いているのか?」

「この作品はもう終わった」

「もう一度あの頃のように勢いのある文章を!」

というようなレビューばかり・・・

それは待ち続けていたコアなファン達の素直な批判と叱咤激励。

信用性は高いんです。

 

少なからず自分も同じような違和感を感じていた一人だったから、

そんなレビューを見てからは尚更。

幻滅するのが怖くて、続きを読んでないんです。

 

先日、完結巻のレビューを恐る恐る見たんですけど、案の定、

「30年以上もつき合わせてこの終わりはない!」

「無理矢理終わらせた感が満載」

「ゴーストライターが書いたとしか思えない」

「ただただ残念(内容に)」

「オレの30年を返せ!」

なんていうレビューが並んでいてですね、、、もう大炎上状態 笑

多分自分も読んだら同じ気持ちになるんだろうな~と。。。

 

アルスラーン戦記

 

バイブルの一つ「銀河英雄伝説」と同じ、田中芳樹さんの作品です。

その通称「銀伝」は1982年に発刊し、1987年にちゃんと完結させてます。

(外伝の最後の一本はまだ書いてないらしい・・・)

こちらは約5年で10巻書き上げています。

 

他にも約25年掛かってやっと完結した作品もあったり、実はまだ完結していない作品もあったりと、、、

平行して何本も書いているみたいで、もはや確信犯ですな。

 

さて、自分もいつ読もうかなー。

高校生の頃からのファンとしては絶対に読んで完結を見届けないといけない気がするんですけど、

今はまだその時じゃないかな、と。

ブックトークで発表するような本でも無いしな、、、

 

 

~  毎朝「もこずキッチン」の速水もこみちさんの衣装が気になって仕方ありません・・・(ダサ過ぎて) ~

 

 

다운로드 치우천왕기 다운로드 다운로드 다운로드