~ 繋 ~

2018年3月11日

お知らせにもあるんですが、久しぶりにトークイベントをやります。

 

今回のゲストは二人。

ドイツ人造園家のドミニクさんと、石材店の橘さん。

どちらも自分と同じ年齢で、今年40歳。

 

ドミニクとは紹介で知り合ったんですけど、

これがまたイイ男なんです。顔が、て意味だけじゃなくて(顔もイイんですけど)心が。

 

ドイツでもマイスターの資格を取って活動していたそうですが、

上富田町出身の奥様と出会い、日本へ。

京都の造園会社で本格的に日本庭園を学び、昨年「Dominik Zoen」として独立。

ドイツ人の美徳と日本庭園へのリスペクトを兼ね備えたセンスは必見ですよ。

新規の造園計画はもちろん、庭の手入れ、アドバイスも行っています。

 

ドイツ人、というイメージから、「屈強な頑固者」「体が大きそう」

なんていうイメージもあると思うんですけど、これがまた柔らかくて透き通った色をしたオーラがあって、

真面目で優しい男なんです。

もちろんトークイベントなのでしゃべってもらうんですけど、これがまた、日本語ぺらぺら。

当日はドイツ文化についても聞いてみたいなと。

 

と、もう一人。

「石とみどり㈱橘」の代表、橘博昌さん。

 

こちらも同じ歳で地元の石材屋9代目(スゴイ!)です。

社名に「みどり」とあるように、植物や自然、環境問題に関心が強くて、

植樹活動も積極的に支援しているという、こちらもイイ男。

 

この二人をゲストに、自分がファシリテーター(進行役)となって、

文化的で面白い?トークを引き出したいなと思っています。

 

テーマは、

「ドイツ×日本 自然を大切にするこころ」

 

緑や自然、植物に興味のあるかた、造園(お庭)を計画したいかた、

ドイツに興味あるかた、なんか面白そうだから行ってみよかな、というかた、

もちろんレッゾのお客様でなくても大歓迎です。お気軽に問い合わせくださいませ。

 

 

人と人が緩やかに繋がっていく。

今回もいつものようにそんなイベントになればいいな~

 

 

~ 最近、ゴミ収集車が無音でやって来るので困ってます。なぜなんでしょう ~