~ 音 ~

2018年5月5日

月曜。

 

サロンは休みでも世間は平日。

もちろん娘も学校なわけで、自分も普段と変わらず5時半過ぎには起床します。

 

「せめて朝食は毎日必ず家族一緒に」と、自分の中でルールを決めちゃったので、

休日だろうが遅くまでダラダラ眠ることはありまへん(エライでしょ?)

 

娘を送り出してからは普段出来ない銀行周りや事務作業と、

なんだかんだ朝からパタパタ忙しい。

ま、皆さん同じでしょうけど、一日フリーな休みなんてほとんど無いですよね、、、

 

事務作業はこれまでお店のバックルームで黙々とやっていたんですけど(嫌いじゃない)

最近はサロンのギャラリーテーブルにPCを持ち出して、

好きな音楽を(ごぎげんな音量)で聴きながら作業しています。

 

これがとっても気持ち良くて、

一週間のサロンワークで濃くなってしまったストレスがス~と薄まっていく感じ。

(あまりストレスなんて感じていないんですけどね、、、)

 

音楽。

 

10代は流行のJPOPや洋楽(スティングだけだけど)

20代の前半はハウス系のクラブ音楽にハマり(あまり行ったことないけど)

後半からはカフェデルマーなんかのチルアウト系に(家族に大不評だったけど)

30代になってからはJAZZを好んで聴くようになりました。

 

Jazzはいいですね~。

(初心者だけど)

 

キース・ジャレットやビル・エバンスといったピアノジャズも素敵だし、

アート・ブレイキーなんかのドラムも好き。

ケニー・ドーハムのトランペットもシブイですし、

スタン・ゲッツやソニー・ロリンズなんかのサックスも重厚で、最高にシビレます。

もっといいオーディオで聴けばその良さがもっと分かるんだろうな~・・・

 

自分は自他共に認める「広く浅く」タイプであります。

何でも追求するタイプ、と言えたほうがそりゃあカッコイイのだろうけど、

口が裂けてもそんなことは言えましぇんねん・・・

 

音楽も同じで、これまでコロコロと好みが変わってJAZZに辿りついたけど、

そこまで探求心は持っていないんですよね。。。

いつかは絶対クラシックにもいってみたいし。

 

音楽、特にJazzて、聴く場所とシチュエーションを選ぶように思います。

「夜」てこともなくて、場所と心の持っていきかたで午前中でも全然イケます。

 

憂鬱な梅雨の季節だって、ピアノジャズが綺麗に響くし、渋いサックスだって大丈夫。

でもやっぱり、「お酒」が欲しい。。。

こいつがあると無いのでは全然違います。

 

ウィスキーならもちろんロックで。

ビールだって冷えた白ワインだって、しっかりした赤ワインだってイケるけど、

やっぱり日本酒より洋酒かな~。

 

「Jazzと酒は古い戦友みたいなものだ。

暗黙のルールとプライドという複雑に絡み合った絆がある」

 

という言葉があるくらいです(ウソです。今考えました)

 

通っている地元のジャズバーのお父さんも確か今年もう80歳?だし、

あまり調子も良くないみたいだと聞いてます・・・

 

もっとJazzについて教えてもらわないとなので、

店を閉めちゃうまで積極的に足を運ぼうと思ってます。

 

 

~ 昔、運転代行に赤信号で突っ込まれそうになりました ~