~ 白 ~

2018年6月23日

気が付いたら白髪が目立つようになってきました。

 

体力の衰えを実感しているわけでもないし、

気力も階段を上がっている最中だと思ってはいるんですが、

確実に加齢していく体は嘘をついてくれませんね、、、

 

個人的に白髪は嫌いじゃないんです。

メンズだからというのはもちろんあるんですが、

白髪に対してマイナス思考はまったく持っていません。

むしろ早く白髪が増えて欲しいくらい。

(悩んでいるかたには申し訳ないんですけど、、、)

 

なぜだかは分かりませんが、20代前半の頃から、

「自分は40代から先が本番だろうな」

と、思いながら生きています。

*えーと、全く根拠も何もないんですけどね・・・

 

そうなんです。今年で40歳(正確には来年だけど)。

自分的には、やっと40歳て感じなんですが、

Rezzoも10月で10周年。

娘も10月で10歳、と、

なんとも色々とキリの良い感じな年であります。

そういう意味では人生の中でも大きな節目の年。

ここから先が、自分の人生は勝負なんだろうなと思うのは、

当然でもあり、必然でもあるのかな。

 

 

人生80年時代。

自分も祖父のように長生きがしたいなと、いつも思います。

長く長く生きて、時代の変化を長く長く見ていたい。

 

「太く短く生きたい」

なんてカッコイイ台詞が言えるほど強くないし、

例え太く生きられても、短くはイヤだし。。。

家族に迷惑が掛からない間で、出来る限り長生きしたい。

 

白髪も出てきたし、10年前の写真と比べると、

外見もやっぱり少し変化してきちゃったわけです。

だけど、

それらを拒否、否定しないで、

うまく受け入れ、許容しながら齢を重ねていきたい。

祖父もそうだったように、

そんな風に何事に対してもフラットな生き方が出来れば、

素敵に長生きができるような気がしています。

 

白髪を見る度に、そんなこと考えている今日この頃です。

 

 

 

~ モーツァルトの書いたオペラ「ドン・ジョバンニ」。

ドンは最後、亡霊によって地獄へ引きづり込まれるんですってー ~