~ 応 ~

2018年11月30日

~~前回の続き~~

 

 

 

カード会社の対応に内心イライラしながらグーグルサポートへ問い合わせた。

 

これが、

また、

 

ツカエルやつやんー!!!!泣

 

 

「それは大変申し訳ございませんでした!

すぐにサポートチームが動き、調査に入りますね!

それに当たって教えていただきたい情報が数点ございます。

和田様の貴重なお時間、数分だけ頂戴しても構いませんでしょうか、、、?」

 

YES!泣

 

 

「調査チームがお調べするのに3日程お時間いただくかと思います。

その間もご心配かもしれませんが、これ以上被害が拡大しないよう、

今出来ることをすぐにこれから一緒にやりましょう!」

 

YES!!!泣

 

 

したほうがいいと思われることのアドバイスも細かくしてくれ、

今後のカード会社への対応の仕方も教えてくれた。

 

 

もうね、素晴らしいんです。

 

決して敬語がうまく使えるとか、こちらに失礼の無い言葉を選べるとか、

そういうことじゃない。

 

「気持ちがこちらに向いてくれてる」のが本当によく分かるんです。

 

カードが不正に使用されて不安になっている気持ちが、

電話対応でこれだけ「ほっと」できるのか、て。

*担当くれた人がアタリだった可能性ももちろんある

 

 

かたやカード会社。

マニュアルに沿った対応、それ以外は私は分からない。知らない。

担当部署に変わります。

録音音声を聞いているのかと思うくらい淡々と、ね。

*担当してくれた人がハズレだった可能性ももちろんある

 

 

 

数年前。

携帯電話を落として破損してしまった時もそうだった。

 

以前のブログにも書いたことがあったが、

アップルのカスタマーセンターとやり取りした時のことだ。

 

電話対等でのコミュニケーションスキルの高さに驚いたのと、感動したのと。

かたや携帯ショップ〇Uの対応の酷さときたら、もう、ねぇ~・・・

 

 

さて、、、

結果。

 

とにかくまずは「3日掛かる」と言われていたグーグルからの返答待ちだったのだが、

問い合わせ同日の夜中にはメールで、

 

「調査チームがお調べしたところ、

不正アクセスの相手の詳細はお教えできないのですが、

明らかに海外からグーグルアカウントを介したカードへの不正アクセスであり、

和田様自身の購入では無いこととが証明されました」

 

という旨の連絡があった。

もちろん

「全額をカード会社に返金するよう手配致しました」

とのこと。

 

加えて、

「以前にも怪しい請求がなかったかどうか、ここから半年以上遡って調査致しました」

 

いやー、迅速。

どうしてこう外資系企業の対応のほうが気持ちいいんだろ。

 

 

お・も・て・な・し

心が空っぽな、ハード面だけ揃えているおもてなしなんて、

おもてなし、なんて言っちゃいけまへんわな。

 

とにかく、

どこかからクレジットカード情報が漏れていたことは事実。

 

平穏な日常は急に慌しくなるものです。

 

皆さんも、明細チェックしといたほうがいいでっせ。

 

 

~ 大阪万博まで7年、なんですね ~