~ 問 ~

2018年12月8日

ネット関係と言えばいいのかは分からないけど、

何だか最近、そっち方面がとことんツイテない。

 

前回書いたクレジットカードへの不正アクセス&使用事件に引き続き、

今度はHPでもトラブルに・・・

 

 

家内から,

「HPが見れなくなっているよ」と連絡があり、自分でも開いてみたら、

「URLが存在しません」と出たもんだ。

 

??

慌てて製作会社に連絡した。

 

「こちら(製作会社)では問題無いので、

サーバーの問題のようですね。

サーバー会社に連絡を入れてもらえますか?」

とのこと。

 

問い合わせたところ、

「あ~、、、6月と7月分のサーバーレンタル料が未払いになっているようですね~。

それによってサーバーを強制解約させてもらっている状態ですね~」

と・・・

 

やってまったー、、、

まったく気がついていなかった。

 

て、おいおい、

ちょっと待て。

 

6月と7月分だけてことは8月分からは普通に引き落としされているのに、

こちらに何の連絡もなく強制解約かよ!?

そんなの気付きまへんて!!

 

「その分を振り込むので早急に復旧してください」

と伝えたら先方さま、

「復旧手数料に3万円掛かります」

 

!!???

3万!?

 

 

ええ、自分が悪いですよ。

未払いがある状態なんて全く知らなかった、

移転してからはサーバー料の支払いくらいにしか使用しない通帳の内容を、

ちゃんと管理出来ていなかった自分が悪いんですよ。

でもね、

こちらに「何の連絡も無く」強制解約てどないやんねん!!

融通の利かない公共機関じゃあるまいし!

 

先方、

「何度か葉書を送っていると思うんですが、、、」

 

えーとですねー、

二年前に移転して住所変更になっているんですけどー。

 

「あー、では届いていなかったんですね~、、、」

・・・

 

て、おい。

それで終わりか!?

 

 

それ確実にそこ(サーバー会社)にハガキ戻ってますよね?

「宛名に尋ねあたりません」て横書きで、朱色の判子押されて。

何度か知りませんけど、何度か。

そんな状態なのに強制解約したて、

 

ナメトンノカ!!

 

支払いの催促ハガキを出す度に返ってくる、

なのに次の月からは普通に引き落としが実行されている。

「あれ、おかしいな~」て思いまへんのか??

 

「電話で確認をしてみましょう」となりまへんか?普通。

というかそんなマニュアルもないんかい!?

 

結果的に未払いがあることも、強制解約になるということも、

こちらはまったくそれらの情報を知る術がなかったわけです。

何度もそのハガキが戻ってんだし電話確認も無しなんだから。

 

こちらからしたら結果的に「勝手に強制解約」されたわけです。

それでね、

「復旧手数料として3万円」なんて言われてね、

はい分かりました~、

て素直に納得して全額支払う人がいると思うんかいなボケ!(失敬)

 

もちろんそれを矛に交渉しました。

結果、

HP製作会社にも間に入ってもらい、

「折半」ということで折り合いがつきました。

(一切支払いたくなかったけど、こちらにも非はあるし、、、)

 

 

まあね、元を正せばね、

二ヶ月も引き落としされていないことにまったく「気がついていなかった」自分が悪いんですよ。

 

でもね、最後にメールで言ってやりましたとも。

せめて言わせてくれと。

 

「いくらこちらにミスがあったとはいえ、

ユーザーに絶対に届かないハガキで対応するだけで、

電話確認もせず、そちらの勝手な判断で強制解約したという、

干からびた蛙みたいに血の通っていないマニュアル対応。

 

IT企業だからこそしなければいけないこと、

IT企業だからこそできることをまったくやらず、

結果的にはユーザーに無断で契約を解除したことは事実。

これは企業として大きな問題がある状態であるし、

恥じるべき組織体勢なのではないか。

 

と。

ええ、言ってやりましたよ。

これくらい言わせてくださいよ。

 

もちのろん、何の返答もありまへんけどね。

求めていないけど。

 

いやー、

日本を引っ張るIT大企業さまさま。

 

色々と大丈夫ですか。

 

 

 

~ よく夢の中で撃たれて殺されます・・・ ~