~ 村 ~

2019年6月19日

やります。

やっちゃいます。

 

村上春樹さんの作品について自由に語り合うイベント、

題して

 

「もし、僕らのことばがウィスキーであったなら Vol、1」

 

 

村上春樹を読み始めたのは数年前。歴は浅いです。

なので全ての作品を読んでいるわけじゃないし、もちろんハルキストでもありまへん。

 

だからこんなイベントを主催できる知識はまったくありまへんのですが、

自分はいつものように「意見するファシリテーター」になって皆さんをごちゃごちゃに混ぜてしまおうと。

そこで生まれる化学反応を見たいなと思っとります。

 

 

さて、何でこういうイベントをやろうと考えたか、

 

というのも、

「村上春樹の読者」て実は「隠れキリシタン状態」の人も多いんですよ。

 

「好きです。ずっと読んでいます」

なんて自分から大きな声で言うのはちょっと勇気がいったりする人もいるんです。

*自分もその一人。

 

なんで?て?

そりゃあ、まあ、嫌いな人がとっても多いからでしょうか。。。

 

でも実は「内容についてだったり、意見だったりを誰かと共有したい」

という想いもあったりするんです。。。

ただ周りにはなかなかそういうことを話せる人がいない、

そんな人が多いように思ったんです。

 

だったらもうね、とりあえずやってしまおうと。

 

ということで、、、

 

7月5日金曜日

場所はRezzo

19時スタート

会費一人¥1000

*ソフトドリンクと軽食を用意してお待ちしております(予定)

*小説に出てくる飲み物などを持参いただくとより面白いかも

定員約15名程度

 

当日は各自が好きな作品や文章を教えてもらえたらな、と思っています。

 

一応予約制です。

 

参加、観覧ご希望のかたは電話、もしくはHPからメール、

またはレッゾのインスタorFBからメッセージでお問い合わせくださいませ。

 

「村上春樹というフィルターをかけた交流会」

のようなユルイ感じにしたいな思ってます。

 

全然詳しくなくていいんです。自分だってまったく分かってないし。

もちろん、

「私こそハルキストだ!」というかたにも是非来て欲しいです。

 

観覧だけでも是非!

 

 

さ、まだ読んでいない作品を読んで準備しとかなきゃ・・・

 

 

 

~ 村上春樹さん。もう70歳なんですね ~