• 普段飲むワインはイタリアワインしか買わないというエゴを始めて、
    
    もう12、3年になるのかな。
    
    とは言っても、飲むのは千円台前半のデイリーワインばかりですけど、、、
    
    
    稀に3千円くらいのワインを飲んでみることもあるけど、
    
    うん、やっぱり何だか美味しい気がする!?
    
    そりゃ出来ればそんなワインをいつも飲んでたいです・・・
    
    ぐぬぬ、、、
    
    
    イタリアワインに目覚めたのは東京にいた頃。
    
    東中野「ペルバッコ・イタリアーノ」のオーナーシェフ、G師匠の影響。
    
    
    パンチの効いた風貌?とガツンと刺さる料理。
    
    そして超マニアックなワイン知識と抱負な経験値。
    
    
    「いつか師匠と料理やイタリアワインについて語れるようになりたい」
    
    
    と思ったのがきっかけなんですよね。
    
    だから決して「イタリアかぶれだからイタリアワインしか買わない」
    
    という事でもないんですよ。ホントは。
    
    
    
    
    飲み始めた当時、勉強?する為に買った本が
    
    「イタリアワイン最強ガイド」という本。
    
    
    今でも時々読み返すくらい、自分の中でのバイブル。
    
    
    一昨年くらいに知った事なんですけど、
    
    著者の川頭義之さんはG師匠の盟友だったらしい。
    
    
    繋がる人とは繋がるもんですな~。
    
    
    
    その後、Gシェフの紹介で川頭さんと何度かやりとりしたことがあります。
    
    それこそ氏を田辺に呼んでワインイベントでも出来ないかな、
    
    と思って動いていたんですけど、
    
    飲食店でもないし、予算も合わないしで、なかなか実現まで行けず・・・
    
    でもいつか必ず・・・
    
    
    
    その川頭師匠。
    
    先日、イタリアワインの新刊を出されました。
    
    「イタリアワイン最上の24蔵」
    
    
    これを見ずして今現在のイタリアワインは語れまへんで!
    
    てくらい濃い内容。
    
    
    出版に向けてクラウドファンディングで資金集めもしていたので、
    
    もちのろん、支援。
    
    
    先日、一般発売の前に届いた直筆サイン入りの新刊と支援者配当で送られてきたワインを眺めながら、
    
    いつかここのワイナリー訪問してみたいなー、、、もっと勉強しなきゃな~、、、
    
    なんて、妄想する日々であります。
    
    
    
    
    その川頭師匠の新刊に掲載されている数々のワイン。
    
    実はですね、
    
    数年前からG師匠にお願いして、コツコツ集めてストックしているんです。
    
    
    この辺りではまず手に入らないワインだし、
    
    ビンテージの古いワインや一本5千円オーバーのワインもあったりするもんで、、、(内緒)
    
    ストックというより勿体無くて開けらないだけという・・・
    
    
    
    せっかくだし、正月に一本開けてみよかな。。。
    
    でも寝かせておきたいし、でも試飲しときたいし、、、
    
    
    
    う~ん、、、
    
    
    とにかく、川頭義之著「イタリアワイン最上の24蔵」
    
    書店などで見つけたら是非手に取ってみてくださいませ。
    
    
    
    
    ~ 川頭さんの新刊。
    
      実はワタクシ、名前が載ってます うふふ ~
    
    
    
    

     

     

  •  

    年末。
    
    世の中の社会人はお酒を飲む機会が増えて大変な時期?ですね。
    
    
    
    自虐的にはなっちゃうんですけど、
    
    自分には友人と呼べる人がほとんどいないもんで、
    
    この時期に特別飲みに行く機会が増えることもありまへん。
    
    
    加えて付き合いがとっても悪い人間な上に、
    
    社会的地位があるわけでもないので「接待」される事も無ければ、
    
    忘年会にお呼ばれすることも、まあ、ありまへん。
    
    
    もう少し若い頃はこの小さな街で知り合いが増えていくのが楽しかったし、
    
    世代や職種を超えた繋がりが形成されていくのが、単純に嬉しかった。
    
    東京の時じゃ考えられないくらいそれが容易だったのに驚いたし。
    
    
    もちろんこちらから友人と呼ぶにはおこがましいけど、
    
    いつか自分もそんな人達に友人と言われてみたいな、
    
    なんて思っていたけど、
    
    この10年で経験し、学んだことと言うと、
    
    自分にはそういう関係性を築いて継続していく器は無いな、てこと。
    
    
    淘汰され、淘汰していく感じ?
    
    断捨離的な?
    
    
    自ら招いているんだろうし、とは言え、
    
    この田舎で孤立していくような感覚(孤立はしてないけど)は最初ちょっと怖い感じもしましたよ(笑)、
    
    
    でも一つ大きな壁を超えると案外、今は楽なもんでして。。。
    
    強がりじゃなくて。きっと分かる人には分かると思うんだけどな~、この感じ。
    
    
    
    
    
    
    
    前回も書いたんですけど、わたくし、来年が本厄であるらしく・・・
    
    
    どちらかと言えば「まったく気にしないタイプ」なんですけど、
    
    一応年明けに厄払いには行くつもり。
    
    
    「全然気にしまへんで!エヘン!」
    
    なんて言っといてとんでもないことになって嘆いたら、
    
    それこそカッコ悪すぎだし。
    
    
    
    それにですね、自分、頭痛持ちなんですが、
    
    最近ですね、どうも調子がよろしくないんです。
    
    
    頭痛が来たら薬飲んで一日頑張って仕事して、夜早めに寝れば次の日には回復していたんですけど、
    
    最近は薬飲んでも効かないし、頭が重いのがどうも4、5日抜けない。
    
    酷い時には吐き気もあるし、そうなるとしばらく食欲も出ない。
    
    
    それこそ「本厄爆弾」の導火線に火が付いているような。。。
    
    
    ぐぬぬ、、、
    
    
    
    人付き合いが気楽になってきたのはイイし、仕事への気力は毎年上がっているのは確かだけど、
    
    身体や体力のほうはちょっと気を付けないといけないな、と・・・
    
    
    
    厄払い行く前に脳ドックかいな。。。
    
    
    とほほ。。。
    
    
    
    
    
    ~ 我がイタリアワインの師匠、の盟友さんが出したイタリアワイン解説書の新刊が届きました ~