•  

    移転して3年目で初めて植栽のもみじが真っ赤に紅葉しています。
    
    
    
    
    気が付けば12月。
    
    こないだお節食べた気がするんだけど・・・
    
    
    
    振り返るにはまだ早いんですが、今年は色々と大きく動いた一年でした。
    
    
    7年越しの計画になったけど、春にはイタリアへ旅が出来た。
    (単純にお金を貯めるのに7年掛かっただけ)
    
    
    自分の価値観を大きく変えてくれた国との再会は今回、
    
    これからの人生において重要な旅になったように思う。
    
    そして夏には待望のスタッフ増員。
    
    レッゾ初の4名体制に。fika含めると5名か。
    
    
    増員していくのが目標ではないけど、
    
    色々と先を見据えたタイミングとしては良かったんじゃないかなと。
    
    
    
    自分は、移転する前の建物に「Hair Rezzo」を置いてきたんです。
    
    
    道路拡張であの建物自体が取り壊されたので、
    
    Hair Rezzoも同時に一緒に壊してもらったと思ってます。
    
    
    一度、前のHair Rezzoを壊したことは、自分の中でとてもプラスになっている。
    
    まったく新しいRezzoを創っていこうと思えたし。
    
    
    そういう意味でも今は、独立した頃から考えていたことが、色々なイベントという形で実際にやれているのは、
    
    単純に楽しい。
    
    だけど、
    
    そんなイベントも今は単なる「遊び」の範囲でしかないのも事実。
    
    来季からはそこを考え直す必要があるかなと思ってもいます。
    
    
    
    ぶっちゃけです。
    
    これまでの10年。数字面での昨対比は一度も下がる事なくここまで来れました。
    
    
    いやね、
    
    右肩上がり、とも言えないような本当に一段づつの階段だったから、
    
    決して大きな声で言えるような実績じゃないんです。
    
    
    そりゃあね、5段飛ばしくらいで駆け上がりたいのが本音だけど、
    
    一段一段、一歩一歩、固めながら登ってきている感覚はあるから、
    
    それはそれで自分の中では小さい自信にはなっていたんです。
    
    
    こんな自分でも地道にやっていけているやん、て。
    
    それが、まだ終わっていないけど、今年度は多分、
    
    初の
    
    「横ばい状態」に着地しそうな感じ。
    
    
    
    自信になってきていたものが、開業11年目にして初めて崩れそう。
    
    
    
    そういう意味では来季。
    
    それを可能にしてきた自分なりのブランディング、築いてきた事、
    
    自信、各種イベントの企画や運営面など、
    
    一度、
    
    捨てる時が来たなと。
    
    
    どうやら、
    
    壊す時が来たなと。
    
    
    
    えーと、ワタクシ、来年が本厄なのでありますが、、、
    
    大丈夫か!?
    
    
    
    色々とありますが、まあですね、
    
    夕食の準備が出来ていないのに明日の朝食について論じても始まらないわけで、
    
    とにかくこの年末に最高の結果を出して、
    
    正月、健康に美味しいお酒が飲めるように
    
    
    
    頑張らないと。
    
    
    
    
    
    
    ~ インフルエンザ予防接種。
    
      今年は痛くなかった ~

     

     

     

     

  • ご承知の通り、自分は自他ともに認めるイタリアかぶれです。
    
    
    そうなった理由は色々とあるんですけど、
    
    やっぱり実際に行ったのをきっかけに完全にカブレましてん。
    
    
    
    
    都内で勤務していたサロンは7店舗ありました。
    
    月初めに各店舗のスタイリストの「個人売り上げ額」が、
    
    「総合順位」としてバックルームに張り出されるわけです。
    
    それはそれは、なかなかシビアでしたよ~
    
    ちなみに自分は辞めるまで一度も「1番」は取れなかった。
     
    
    
    その月々の指名売り上げ額が、初めてある規定の額を達成出来たスタイリストには、
    
    「ご褒美」としてイタリアに視察旅行に行かせてもらえたんです。
    
    
    初回はなんと!
    
    会社が全額負担してくれるというなんともステキな、餌!(もとい、ご褒美)
    
    
    25歳の時に初めてその権利を得ました。
    
    
    えーと、簡単に書きましたけど、そんな簡単に出せる結果の数字じゃないんですよ~。
    
    達成した日は帰ってシャワー浴びながら思わず叫んでやったもん。
    
    
    努力したなんてまったく思ってないけど、
    
    それなりに相当な苦労はしたからね・・・
    
    
    ちなみに自分の達成は当時、スタイリストデビューからの最短記録。えへん。
    
     *はい出ました、過去の栄光
    
    
    
    話しが逸れた。
    
    
    初めてのイタリアへの旅。
    
    会社が全て手配してくれるけど、ツアーじゃない個人旅行。
    
    渡伊経験がある他店舗のボスが引率で付きました。
    
    
    その時は同じ時期に権利を獲得した別店舗の先輩と、男三人旅。
    
    色々とおんぶに抱っこ状態。
    
    その三人。
    
    行く前から「濃い三人組」と言われていましてですね。
    
    
    まず引率は「平井堅」さんにそっくり。
    
    もう一人の先輩は「日本人なのにどう見てもアラブ人」。
    
    そして自分は「色白だけど濃い出身不明の人(中国か韓国か日本か)」。
    
    
    案の定、三人でミラノをフラフラしていたら、
    
    イタリア人の旅行者にフツウにイタリア語で道を訪ねられましてん。
    
    
    少し英語が出来る引率が対応したら、先方さん、
    
    「ミラノに住んでいるアジアの人達だと思った」と。。。
    
    
    コミュニケーション好きなイタリア人なのでその後も色々と話していたけど、
    
    先方もちゃんと英語が話せるわけでもなく、
    
    こちらの引率の先輩もお同じ。
    
    
    結局はお互い笑ってごまかして、チャオ・・・
    
    
    
    その時から思っていたんです。
    
    イタリア語、話せたら楽しいだろうな~、
    
    次にイタリアに来る時までに勉強しなきゃな~、て。
    
    だから帰国してすぐ、独学で勉強しようと参考書を買い漁りました。
    
    
    
    その翌年。
    
    またイタリアに行く機会に恵まれたんです。
    
    今回はご褒美旅行じゃなくて、新たなプロジェクトのメンバーとしての渡伊。
    
    
    前回より少し言葉を勉強していた事と、二回目という「慣れ」もあって、
    
    初回よりも積極的に旅行会話を使いました。
    
    
    だけど、やっぱり会話なんて出来まへんのよ。
    
    挨拶と「これ下さい」くらい。
    
    
    
    そしてそして、今年の春の三回目のイタリア。
    
    
    久しぶりとはいえ、過去二回の経験で「勝手が分かる」し、
    
    三回目ともなると、何とな~く相手が話していることは分かるんです。
    
    何とな~くですよ。
    
    それでもいかんせん、やっぱり返答が出来ないわけです。
    
    会話にはならないわけです。
    
    
    まあ、想像通り、
    
    とほほ、、、なわけでありましたんよ。
    
    
    
    もちろん今回も「次に行く時までには!!」と思って、
    
    帰国してからまたまた新たな参考書を買いました。
    
    
    買ったんですよ。
    
    買ったんですけどね。
    
    今のところこれまでと同じで、勉強していまへんねん・・・
    
    
    ぐぬぬ、、、
    
    
    
    と、そんな時です。
    
    ゲストから「ネット会話を使って英語の勉強をしている」と聞きましてね。
    
    
    色々と話しをしていると、
    
    「やっぱり自分もちゃんとやってみよう!」と思ったんです。
    
    
    今こそ好機!と思って、本気で探しました。
    
    
    
    そして見つけました。
    
    自分に最適だろうと思える会話サイトを。
    
    
    
    さて、どうなるか。
    
    続くのか??
    
    
    夢は。
    
    日常会話くらいならある程度話せるようになって
    
    
    イタリアに
    
    しばらく
     
    住む
    
    
    そして、、、
    
    ぐふふ、、、
    
    
    やってやる。
    
    
    
    
    また報告します。
    
    
    
    ~  地元の獅子舞。今年はなかなかでした ~