• ネット関係と言えばいいのかは分からないけど、

    何だか最近、そっち方面がとことんツイテない。

     

    前回書いたクレジットカードへの不正アクセス&使用事件に引き続き、

    今度はHPでもトラブルに・・・

     

     

    家内から,

    「HPが見れなくなっているよ」と連絡があり、自分でも開いてみたら、

    「URLが存在しません」と出たもんだ。

     

    ??

    慌てて製作会社に連絡した。

     

    「こちら(製作会社)では問題無いので、

    サーバーの問題のようですね。

    サーバー会社に連絡を入れてもらえますか?」

    とのこと。

     

    問い合わせたところ、

    「あ~、、、6月と7月分のサーバーレンタル料が未払いになっているようですね~。

    それによってサーバーを強制解約させてもらっている状態ですね~」

    と・・・

     

    やってまったー、、、

    まったく気がついていなかった。

     

    て、おいおい、

    ちょっと待て。

     

    6月と7月分だけてことは8月分からは普通に引き落としされているのに、

    こちらに何の連絡もなく強制解約かよ!?

    そんなの気付きまへんて!!

     

    「その分を振り込むので早急に復旧してください」

    と伝えたら先方さま、

    「復旧手数料に3万円掛かります」

     

    !!???

    3万!?

     

     

    ええ、自分が悪いですよ。

    未払いがある状態なんて全く知らなかった、

    移転してからはサーバー料の支払いくらいにしか使用しない通帳の内容を、

    ちゃんと管理出来ていなかった自分が悪いんですよ。

    でもね、

    こちらに「何の連絡も無く」強制解約てどないやんねん!!

    融通の利かない公共機関じゃあるまいし!

     

    先方、

    「何度か葉書を送っていると思うんですが、、、」

     

    えーとですねー、

    二年前に移転して住所変更になっているんですけどー。

     

    「あー、では届いていなかったんですね~、、、」

    ・・・

     

    て、おい。

    それで終わりか!?

     

     

    それ確実にそこ(サーバー会社)にハガキ戻ってますよね?

    「宛名に尋ねあたりません」て横書きで、朱色の判子押されて。

    何度か知りませんけど、何度か。

    そんな状態なのに強制解約したて、

     

    ナメトンノカ!!

     

    支払いの催促ハガキを出す度に返ってくる、

    なのに次の月からは普通に引き落としが実行されている。

    「あれ、おかしいな~」て思いまへんのか??

     

    「電話で確認をしてみましょう」となりまへんか?普通。

    というかそんなマニュアルもないんかい!?

     

    結果的に未払いがあることも、強制解約になるということも、

    こちらはまったくそれらの情報を知る術がなかったわけです。

    何度もそのハガキが戻ってんだし電話確認も無しなんだから。

     

    こちらからしたら結果的に「勝手に強制解約」されたわけです。

    それでね、

    「復旧手数料として3万円」なんて言われてね、

    はい分かりました~、

    て素直に納得して全額支払う人がいると思うんかいなボケ!(失敬)

     

    もちろんそれを矛に交渉しました。

    結果、

    HP製作会社にも間に入ってもらい、

    「折半」ということで折り合いがつきました。

    (一切支払いたくなかったけど、こちらにも非はあるし、、、)

     

     

    まあね、元を正せばね、

    二ヶ月も引き落としされていないことにまったく「気がついていなかった」自分が悪いんですよ。

     

    でもね、最後にメールで言ってやりましたとも。

    せめて言わせてくれと。

     

    「いくらこちらにミスがあったとはいえ、

    ユーザーに絶対に届かないハガキで対応するだけで、

    電話確認もせず、そちらの勝手な判断で強制解約したという、

    干からびた蛙みたいに血の通っていないマニュアル対応。

     

    IT企業だからこそしなければいけないこと、

    IT企業だからこそできることをまったくやらず、

    結果的にはユーザーに無断で契約を解除したことは事実。

    これは企業として大きな問題がある状態であるし、

    恥じるべき組織体勢なのではないか。

     

    と。

    ええ、言ってやりましたよ。

    これくらい言わせてくださいよ。

     

    もちのろん、何の返答もありまへんけどね。

    求めていないけど。

     

    いやー、

    日本を引っ張るIT大企業さまさま。

     

    色々と大丈夫ですか。

     

     

     

    ~ よく夢の中で撃たれて殺されます・・・ ~

     

     

     

  • ~~前回の続き~~

     

     

     

    カード会社の対応に内心イライラしながらグーグルサポートへ問い合わせた。

     

    これが、

    また、

     

    ツカエルやつやんー!!!!泣

     

     

    「それは大変申し訳ございませんでした!

    すぐにサポートチームが動き、調査に入りますね!

    それに当たって教えていただきたい情報が数点ございます。

    和田様の貴重なお時間、数分だけ頂戴しても構いませんでしょうか、、、?」

     

    YES!泣

     

     

    「調査チームがお調べするのに3日程お時間いただくかと思います。

    その間もご心配かもしれませんが、これ以上被害が拡大しないよう、

    今出来ることをすぐにこれから一緒にやりましょう!」

     

    YES!!!泣

     

     

    したほうがいいと思われることのアドバイスも細かくしてくれ、

    今後のカード会社への対応の仕方も教えてくれた。

     

     

    もうね、素晴らしいんです。

     

    決して敬語がうまく使えるとか、こちらに失礼の無い言葉を選べるとか、

    そういうことじゃない。

     

    「気持ちがこちらに向いてくれてる」のが本当によく分かるんです。

     

    カードが不正に使用されて不安になっている気持ちが、

    電話対応でこれだけ「ほっと」できるのか、て。

    *担当くれた人がアタリだった可能性ももちろんある

     

     

    かたやカード会社。

    マニュアルに沿った対応、それ以外は私は分からない。知らない。

    担当部署に変わります。

    録音音声を聞いているのかと思うくらい淡々と、ね。

    *担当してくれた人がハズレだった可能性ももちろんある

     

     

     

    数年前。

    携帯電話を落として破損してしまった時もそうだった。

     

    以前のブログにも書いたことがあったが、

    アップルのカスタマーセンターとやり取りした時のことだ。

     

    電話対等でのコミュニケーションスキルの高さに驚いたのと、感動したのと。

    かたや携帯ショップ〇Uの対応の酷さときたら、もう、ねぇ~・・・

     

     

    さて、、、

    結果。

     

    とにかくまずは「3日掛かる」と言われていたグーグルからの返答待ちだったのだが、

    問い合わせ同日の夜中にはメールで、

     

    「調査チームがお調べしたところ、

    不正アクセスの相手の詳細はお教えできないのですが、

    明らかに海外からグーグルアカウントを介したカードへの不正アクセスであり、

    和田様自身の購入では無いこととが証明されました」

     

    という旨の連絡があった。

    もちろん

    「全額をカード会社に返金するよう手配致しました」

    とのこと。

     

    加えて、

    「以前にも怪しい請求がなかったかどうか、ここから半年以上遡って調査致しました」

     

    いやー、迅速。

    どうしてこう外資系企業の対応のほうが気持ちいいんだろ。

     

     

    お・も・て・な・し

    心が空っぽな、ハード面だけ揃えているおもてなしなんて、

    おもてなし、なんて言っちゃいけまへんわな。

     

    とにかく、

    どこかからクレジットカード情報が漏れていたことは事実。

     

    平穏な日常は急に慌しくなるものです。

     

    皆さんも、明細チェックしといたほうがいいでっせ。

     

     

    ~ 大阪万博まで7年、なんですね ~