• ヘアショー。

    当日はレッゾ店内を大胆に変身させちゃいました。

     

    美容室と言えば壁に向かって並んでいる椅子と鏡。

    それに座って並んでいるゲスト。

     

    当たり前の光景だし、自分も以前の店舗はそういう風に創ったんですけど、

    どうもそれが滑稽に見えてきちゃっていたんです。。。

     

    移転したらその気持ちを払拭したかったというのと、

    いつも書いているんですが、独立する前から

    「美容室という場所の可能性を探ってみたい」

    と考えていたので、

    今の店舗は「何も無い空間に出来るようなサロン」

    というのを、大きなキーワードにして創っています。

    だからあえて鏡も椅子も全て固定しなかったんです。

     

    今回のショーでは、椅子や鏡、家具など、

    全ての物を個室のシャンプースペース2箇所にブチ込みました。

    そうしてパイプ椅子を50脚以上も置ける空間に変身させちゃったというわけであります。

     

    全ての折りたたみ椅子が並んで、

    サロンワークやいつものイベントともまったく違う空間になった時、

    「こういうのを見たかったんだよ」て思いました。

     

    また一つ可能性を形に出来たと思ってます。

    (こういう感じにカッコつけた感じで書くのがいけないんだろうけど、、、)

     

     

    そして今回、音楽にも各自の好みを反映させてもらいました。

     

    自分はスティングの「Englishman in New York」。

    この曲をどうしても入れたかった。

     

    長くなるので書きませんけど、

    歌詞とそれが持つ意味に共鳴する部分が多くてですね。

    今でも時々ユーチューブで聞いて心を整えています。

    (えーと、もちろん英語は分かりまへん)

     

    そんな風にして、各自が選んだ音楽をプロに編集してもらえたのは、

    今回とても大きかった。

    ショーの時の気持ちも相当アガりましたし。

    まあ、自分はそのおかげで指をザックリ切りましたけどね~

     

     

    さてさて、、

     

    ブックトークを軸に毎月のようにイベントをやってきましたが、

    今回のヘアショーで今シーズンは打ち止め。

    イベンターはまた来年2月の頭くらいから始動する予定です。

     

    まだまだまだやってみたいこともいっぱいあるし、

    色々なところからコラボレーションの依頼もいただているので、

    一つ一つ丁寧に形にしていってみようと思ってます。

     

    来年はまた今年とは違う形で美容室の枠を超えていきたいな。

     

     

     

    ~ 特茶、二ヶ月飲んでます。

    えーと、

    何も、変わってまへんねんけど・・・ ~

     

     

     

  • 11月10日土曜日。

     

    10周年記念企画のヘアーショーを無事に終えることが出来ました。

    ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

     

    そして今回、たくさんの方々の知恵とお力添えがあって、

    美容室という空間の可能性をまた新たに引き出すことが出来ました。

    ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

     

    村上もMASAも本当に堂々としていて、魅せてくれました。

    各自も準備に追われた日々だったと思いますが、

    それはそれで楽しめたんじゃないのかな。と。

     

     

     

    さて、自分はというと数日前からMASAに

    「マサユキ~、ショーの最中に指切ったりするなよ~笑」

    なんて茶化していたんですけど、

    スタート早々に自分が指を、、、

    カット~!!!笑

     

    レッゾの特殊なカット技法の性質で、

    通常では有り得ない右の人差し指を切るというですね、、、

    (特に美容師さんにはまったく理解不可能だと思います)

     

    もちろん多少緊張してはいたんですけど、結構冷静だったんですよ。

    だからまさかショーの最中に、しかも開始早々に右指切っちゃうなんてね。

    ホントに不運としか言いようがなく、、、

    いやーもう笑うしかなかったです。

     

    そんな状態で始まったもんだから

    「指を切ったのがバレないようにとにかく手を早く動かす」

    てことと、

    「大流血してくる血が観客に見えないようにする」

    というのを、早技で駆使するのに必死でして、、、

     

    やろうと考えていたカットも、スタイリングも、

    2割も出来ていまへんねん・・・

     

    出番終わってバックに引き上げたときには殺人でもしてきたように手の平は真っ赤、、、

    ハサミも真っ赤な鮮血べったり、、、

     

    事実を隠すのを頑張った?甲斐もあってか、

    最後のお見送りの際に50名全てのかたにに聞いたんですけど、

    誰一人として指を切ったことには気が付いておりまへんでした。

    それだけは大成功ー。。。

     

    でも自分的には残尿感いっぱいのショーになっちゃいまして、

    これはもうリベンジするしかありまへんね。

     

    そしてですね。

    スタッフブログにも書いてありますが、今回のヘアショーの最大の目的。

    (というよりもこの為にショーを企画した)

    この日、2018年11月10日を持って、

    MASAを「レッゾ初代店長」に任命致しました。

     

    *自分はこれまで店長さんと呼ばれてきましたが、

    社長とか店長とか代表とか、自分に付く肩書きが大嫌いなもんで、

    自分では何の肩書きも付けて言っていなかったんです。

    (名刺には一応「代表」とは書いているけど)

    だからMASAが初代店長。

     

    サプライズは大成功だったので、まさに終わり良ければ全て良し。

    ということで。。。

     

    第二回のヘアショーも企画しようと思います。

    1年後くらいかな?

    さて、次回はどこでどんな形でやろうかな。

    ぐふふ

     

     

    ~ 大人になってから怖くて吊り橋を渡れなくなってしまいました。。。 ~